薬師神 陸

Riku Yakushijin

Profile , Background

1988年、愛媛県生まれ。2008年より辻調理師専門学校で首席フランス料理講師としてスタートし、教育指導を初め、テレビの料理監修・雑誌制作等幅広く活躍。 

2014年より予約困難な紹介制フレンチ「SUGALABO」では立上げから尽力。同店のシェフとして国内外を飛び回り、「日本の素晴らしい食材・工芸・酒・キッチンウェアなど食に纏わるコンテンツをシェアし、プレゼンするため」に、夜のみレストランとして完全紹介制で料理を振る舞う。

全国の自治体や生産者との強いコネクションを持ち、JALの first class機内食の担当、イベント企画、ウエディングメニュー監修等に力を注ぐ。2019年より〝食のリテラシーを磨く〟をコンセプトに新しい料理人の働き方を提案し、イベントディレクション、ケータリング、セミナー、メニュー監修など多彩に活動している。 

Vision , Philosophy, Field

 「食の価値を見出し伝えることが料理人の使命」と思い、生産現場に自ら足を運び、自分の目で知ることを欠かしません。そうして知った食材のストーリーを「意味のある料理」として伝えることで、食べ手にそれぞれの食の価値観を最大化してもらえるよう務めています。料理人が創り出すクリエーションの背景をより多くの方に伝達するため、SNSやマスメディアでの発信も大切にしています。


現在は料理人が集い事業の創出支援する為の施設を立ち上げています。料理人が互いに自分の料理観・働き方をシェアすることで、新たな価値が創造できるものと思いますし、その結果街全体の食への関心が高まることに寄与できればと考えています。

Works

New Delicious展|ニューデリシャス展

"「おいしい」を通して知らなかった自分に気づく"をテーマにした企画。展示「ニュー・デリシャス・ストーリー」、コース料理を食べる「ニュー・デリシャス・フード」、参加者自身の「おいしい」を考え、共有する「ユア・ニュー・デリシャス」、この三部をECシェフ薬師神陸がプロデューサーとして全体設計を担当しました。