森枝 幹

Kan Morieda

Profile , Background

辻調理師専門学校を卒業後、シドニーの和風フレンチレストラン「Tetsuya’s」、 表参道の割烹「湖月」、マンダリンオリエンタルホテル内の分子調理レストラン「タパスモラキュラーバー」にて修行を重ねる。

2014年より、「Salmon & Trout」を開業、同店のシェフを務めるかたわら、飲食店舗のプロデュースやメディアでの活動も行う。 

2019年に渋谷パルコにタイ料理レストランCHOMPOOをオープン。

Vision , Philosophy, Field

農家が抱える課題を共に解決していきたいという思いから、規格外の余剰野菜の活用や、知られざる食品、過剰繁殖が社会問題になっているジビエ肉などの食材PRに尽力してきました。

「次なる食のスタンダードを作ろう」をモットーに、環境とフードロスの両課題に向き合える美味しい食のあり方を探るべく、プロデュースやイベント開催を通じて食べ手を啓蒙し続けています。

他にもChefs for the Blueのリードシェフとして水産物を獲りすぎない、海を傷つけない、 漁師コミュニティを守る活動にも尽力しています。

Works

Chompoo|チョンプー

2019年11月渋谷パルコのメインダイニングにオープンした無添加、MSGfreeのタイ料理店にて、プロデューサー兼監修シェフとして店舗立ち上げ及び運営を担っています。

New Delicious展|ニューデリシャス展

"「おいしい」を通して知らなかった自分に気づく"を軸としたイベントのコンセプト作り・コース料理を薬師神シェフと共に担当しました。